メインイメージ画像

発電の課題

自動車などのガソリンの価格への影響のみならず、電気料金の値上げにも多大な影響を与える燃料費の高騰は、企業の利益や個々の生活においてすごく大きな影響を及ぼすこととして、その動きが注視されています。中東の情勢悪化や世界各地での石油燃料の利用量の急な増加、原油投資による石油価格の引き上げの他、国内では増税や円安誘導、原子力発電の縮小による火力発電の利用量が増えた事、燃料費の高騰を後押ししました。

とりわけ、電気料金においては、支出全体における燃料費の占める範囲が一割程度であった原子力発電に変わり、経費の8割程度を燃料費とする火力発電の利用が増えてきていますので、燃料コストの少ない発電方法への変換が大事な課題となっています。

太陽光発電は、原発事故による脱原発運動の表面化や環境問題への取り組み、先の見えない電気料金の高騰によって増えています。

太陽光発電の際に建物の屋根や屋上に置くソーラーパネルを目にした事がある人は多いと思いますが、実際に太陽の光から電力を作る場合、時期などの影響はどれくらい受ける物でしょうか?もちろん、太陽光発電の電力量は日照時間が長い程多くなります。日照時間が長いのは春から秋、少ないのは冬場ですが、ソーラーパネルに使われる液晶は温度が低い程発電効率が良いという性質を持っていますので、普通は、気温が低く太陽の高度が高くなる2月から5月ごろが発電量の多い季節になっています。

更新情報